Papipipo House

サイトマップ

ホームページを「自社で持つ」意味って何?

ホームページというものが世の中に普及しはじめた当初は営業マン。
「営業マンを1人、格安料金にて用意出来ますヨ」というふれこみが多く見受けられました。お客様自身が欲しい情報・商品を求めて、手元のパソコンからすぐにインターネット上にある大手検索サイトYahooやGoogle等を利用し、キーワード検索をすることで、企業ホームページに訪問して必要なもの・希望条件と合致すれば売上に繋がるというものでした。

その後すぐ、携帯電話・スマートフォンを利用してのアクセスの増加へ。
お客様はパソコン画面上だけの作業に留まらず、すぐ側にある携帯電話・スマートフォンを利用して、いつでもどこからでも利用出来るという利便さから、ちょっと知りたいと思った瞬間に即時に情報が得られる時代へ突入。

利便さは手間と時間の削減。
「受付嬢+コールセンター+営業マンへと」対応進化へ。問い合わせをしたいお客様の立場から、 わざわざ電話を掛けても取次時間で待たされる、ちょっとココが知りたいだけなのに煩わしいなぁという手間と時間を省くことが出来る強みがホームページにはあります。また企業側としても対応する人件費の削減につながるという双方のニーズに上手くマッチングの役割としてホームページはますます活躍の場を広げていきます。

そして、今やホームページは「会社の顔、社長です」
会社の理念から始まって社風や仕事内容、そして取り扱い商品。その他 自社で稼働させている機材一覧や、強みである特許項目に資格といったことが確認できるホームページが求められています。増えすぎたホームページの中からこの企業は「信用・信頼」する価値を計る手段のひとつとされています。また企業間同士でも、他社と契約・提携際に相手企業がリサーチ手段として活用もされ、御社のホームページを拝見したいのでURLをお知らせ下さいといったコンタクト方法も増えています。取引先として相応しいか、ふるいにかける判断材料としてホームページが利用される時代です。

パンフレットを活用する時代は終焉へ

パンフレット(紙)の時代は終わった。
時代は、会社情報の案内をパンフレットからホームページへとシフトの一途を辿っています。

紙のパンフレット替わりとして、なぜホームページが利用されているのか。 一番のメリットは、会社のコスト削減に大いに貢献になるからです。パンフレットは紙面へのプリントアウトとして高額な料金(構成費用や用紙代に印刷代 等々)が発生し、尚かつ一部情報変更が必要になった際には余ったパンフレットは破棄といった無駄なコストがありました。その点ホームページは、一部情報変更に関する費用はわずかで、尚かつ いつでもすぐに情報更新が出来る魅力があるからです。顧客からの問い合わせも最新データが掲載されている「ホームページURLを教えて下さい」との要望増加にも低コストで応えられます。

又、インターネット環境下に無いお客様からのお問い合わせには、自社ホームページをそのままプリントアウトして郵送することで、常に新しい情報をお客様にご提供が可能です。都度作業で済ませられ経費削減に大いに役立っています。

ホームページの事ならお任せ下さい!

パピポポハウスは「わんにゃん情報局」というHPを独自に立ち上げ、以来 多大なアクセス数増加と共に数々の実績を積み上げてまいりました。 NHK・BS2取材に始まり、多数の書籍に掲載され、書籍CDにHP収録や、日経経済新聞の部門別ランキングに他大手企業と肩を並べる位置に入るほど成長。お陰様でそれらの信用度から、HP作成依頼を度々お受けし「見る側から参加する側へ、誰もが気軽に持てるHPを」とのお声に賛同し、そのお手伝いを継続しております。格安料金にて作成&掲載をうけたまわっております。

「格安料金でホームページ作成」が出来るわけ! 

基本、打ち合わせ+データ受け渡し等々は、メールやFAX・お電話または郵送を利用することで格安料金をご提供させて頂いております。※直接面談で打ち合わせご希望の方へ打ち合わせ等々を 電子メール・FAX・電話でのやりとりで完結することで格安料金をご提供させて頂いております。面談打ち合わせご希望の場合は、弊社へご訪問頂いての別途費用(打ち合わせ料金:1時間につき1万円)にて承らせて頂くことも可能です。ご相談下さい。

パピポポハウスとはどんな会社?

「わんにゃん情報局」は、1999年10月10日より、AUの携帯電話の公式サイト・メニュー欄に取り上げられ 活動しております。 ペット関連のホームページを制作・運営ご契約頂くサイト様には、無料にて携帯電話用の簡易HPを作成し、AU公式サイト内わんにゃん情報局コンテンツとして掲載し、アクセスアップのお手伝いさせて頂いております。是非お役立て下さいませ。

ページトップへ戻る ▲